8月13日、英国グリニッジ大学にて、「日本語教育協議会」と「日英の教育と文化に関する研究協議会」との合同研究大会を下記の要領で開催いたしました。


第18回合同研究大会:日本語の視点

日程
August 13th, 2011
場所
University of Greenwich, Maritime Greenwich Campus, Old Royal Naval College, London SE10 9LS
時間
学 会 11:20~16:30
懇親会 17:15~19:00



基調講演
「日本語の視点」英国国際教育研究所 所長/日本語教育協議会 会長 図師照幸
講演
「Processing Instruction and Interpretation Discourse Effects」グリニッジ大学 教授 Alessandro Benati
研究発表
英語教師の教える動機を高める、または低める要因とその影響について:比較ケーススタディのアプローチからカーディフ大学 大学院生 江﨑正
コミュニカティブアプローチに基づいた効果的な教室活動を探るシンガポール国立大学言語研究センター 講師/元英国国際教育研究所 リサーチ・インターン 木村まさみ
ベナン共和国 たけし日本語学校の日本語教育と人材育成特定非営利活動法人IFE 日本語教師 藤波大吾
視覚イメージと言語元カトビッチェ外国語学校 トランスレーター/タルノスキーグーリイ市立文化センター 日本語教師 太田由可里
中級指導に関する考察 ―『みんなの日本語中級Ⅰ』を使用した授業を通してー元カーディフ大学 非常勤日本語講師 ロディス希代