当課程は、早期外国語教育としての英語教育の健全で豊かな展開を担う教員の養成、また、早期外国語教育としての英語教育を担当する教員にふさわしい教育理念、国際感覚、知識と技術を身につけることを目的としています。偉大なる歴史を誇り、今なお世界の文化の発信地である英国・ロンドンがキャンパスです。英語の本場で深呼吸をしながら、一クラス上の国際感覚を身につけます。



開講に際してのメッセージ

堂々とした英語教育を
児童英語教師養成課程の開講に寄せて
Zushi - コピー.jpg
図師照幸
英国国際教育研究所 所長
London College of Education, Graduate School 学長

児童英語教師養成課程への参加を
お勧めします
写真 伊藤克敏.jpg
伊藤克敏
神奈川大学・大学院 名誉教授
日本児童英語教育学会 元会長・現顧問



コースの特徴

1.国際理解教育原論

国際理解教育の位置づけと可能性について整理します。日本の子どもたちが英語を学ぶことの意味について考えます。また、ロンドンの小学校を訪問し、英国の子どもたちが学ぶ異文化についても考えます。

2.最新の児童英語教育理論・方法

児童英語教育の様々な理論について整理するとともに、児童英語教育の最新の方法について学びます(プロジェクト・ワーク、タスクベースト・ラーニング、その他)。

3.児童英語教師に必要な英語力

クラスルーム・イングリッシュ(実際の教室で用いる英語表現)をマスターするとともに、英語発音の練習と矯正(自分の発音を正しくするとともに、発音矯正の方法)について学びます。

4.カルチュラル・スタディーズ

国際都市ロンドンが持つ様々な表情を見つめます。ブリティッシュ・ミュージアム(大英博物館)やナショナル・ギャラリー(国立美術館)等の訪問、あるいはミュージカルの観劇、パブ巡りなどを通して、世界の今を見つめます。

5.国際的な外国語教員資格

国際的な外国語教員資格 Certificateを授与します。TEFLやTESOLに代表される資格で、本コースのCertificateは、日本人児童に英語を教えるプロフェッショナルとしての教授能力・技術力を証明します。

6.ブリティッシュ・カウンシル認定課程

当コースを主催する英国国際教育研究所の英語教育部門は英国政府国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルの認定を受けています。