創立31年の朝

 英国国際教育研究所
所長 図師照幸

 庭の樹木や草花をじっと見つめるのが増えた。名前など皆目知らないのだが、ああ、去年の今頃も咲いていたな、とそのぐらいは思うのだ。そして必ずいつも、父を思い出す。父は和服姿で庭に立ち、静かに庭木の手入れをしていた。日本に戻った際、せっかくだから父と何か話がしたいと機会をうかがっていたが、何しろ寡黙だ。父も人前で話す機会は多かったが、家にいるときは黙っていた。「その花は?」と庭に立つ父に話しかける。「ああ、これはね、学名を○○と云ってね、……」「……」
 その父が逝って多くの年月が流れた。父が亡くなる少し前に、母も旅立っていた。二人は今も、たびたび夢に現れてはぼくに語り掛けてくれる。「教育というのはね、……」「世の中に、悪い人というのはいないのだからね、それぞれの人の良いところを見る、見付ける力をつけるんですよ」父も母もいつも優しいのだ。兄や姉たちも、そして義姉たちもまた、たまらなく優しくしてくれる。どんな迷惑をかけても、「いいんだよ、兄弟じゃないか」ということばで、支えてくれるのだ。孫のいる年老いたぼくはまだ、甘え、支えられている。
 いや、研究所のスタッフたちも、教育と文学のこと以外は何もわからないぼくを必死で支えてくれている。卒業生もそうだ。「先生、元気?」などとメールを送ってくれる者たちは、振り返ってみれば20年以上も前に卒業した者たちだ。卒業生の父親や母親もまた、長い年月が経った今も、たびたび連絡してくれる。
 そして、様々な世界で生きる友人たち、がんに侵され、余命いくばくもない友人が「頑張れ、信じる道を生きてくれ」とエールを送ってくる。深夜、「会いたい、会いたい」とまるで青年のような連絡をはるか9時間も時差のある所から送ってくる。
 そうだな、と思う。ぼくはまだまだ、若い。研究所はさらに若い。これからだ。これからまだうんと努力して、教育とはどうあるべきか、教師はどのような人間でなければならないのか、学校とは何だ、と追求していかなければならない。たくさんの人たちの支えをたっぷりと抱きしめながら、まっすぐに一歩ずつ歩みを進めよう。時に立ち止まったっていい。その場に立ち尽くしたとしても、遠い、遠い、ずっと前を見つめながら、もう一度歩き出そうと思う。
 庭の樹木や草花の間を栗鼠が走り回る。今年の創立記念日は、コロナウイルスのおかげで、毎年欠かさずやっている思い出の地を巡ることを許さない厳しさの中にあるが、もう一度心に清新な思いを吹き込み、静かに迎えようと思っている。(2020.04.01)


注 目 イ ベ ン ト

2020.8.3
日本語教師養成課程 講座説明
公開講義・ことばのセミナー「教えるための言語分析の視点」
8月17日(月)・23日(日)・26日(火)・28日(金)
2020.4.20
表面張力 ― ことばと教育から現代社会を考える
第2回 4月17日(金) 対談 小学校英語教育と言語習得
ゲスト:若林茂則中央大学教授 x ホスト:図師照幸英国国際教育研究所所長
Youtubeでご覧いただけます。
2020.4.10
表面張力 ― ことばと教育から現代社会を考える
(ロンドンと世界をつなぐオンライン・フォーラム)
第1回 4月7日(火) 対談 コロナウイルスと教育①
ゲスト:若林茂則中央大学教授 x ホスト:図師照幸英国国際教育研究所所長
Youtubeでご覧いただけます。


N e w s & I n f o r m a t i o n

2020.8.3
日本語教師養成課程 個別説明・相談会
Zoomを利用して行います。約1時間です。ご希望の日時をお知らせください。
2020.7.6
既に日本で児童英語教育に携わっている先生方を対象とした夏期集中セミナー「国際コミュニケーション能力開発法セミナー・児童英語教育STEC-pro」を開講
2021年8月2日(月)~6日(金)
2020.5.20
オンライン授業実施中 英国内外からの受講が可能です。
日本語教師養成課程 Diploma課程<9月29日開講>
日本語教師養成課程 Certificate課程<9月2日開講>
外国人のための日本語講座(Japanese as a Foreign Language Course)
各種プライベートおよびグループレッスン(英語、日本語、大人、子ども対象などご希望に応じます)
2020.4.3
英国国際教育研究所は創立30周年を迎えました。
世界が大きく変わろうとしている今、わたしたちは教育の可能性を信じて、ささやかながら、確かな歩みを続けます。
2020.4.3
濫觴196号を発行しました。
2019.12.24
あたたかいクリスマスとすばらしい新年をお迎えください。
英国国際教育研究所 所長 図師照


活 動 一 覧

LCE 168×168.png

London College of Education, Graduate School(LCE-GS)

日本語教師養成課程・児童英語教師養成課程を開講しています。

LLC 168×168.png

London Language Centre

英国政府国際文化交流機関The British Council認定の英語講座、外国語としての日本語講座を開講しています。

Bokokugo 168×168.png

こどもの未来研究室

教育の原点ともいうべき子どもたちの教育について研究や実践活動を行っています。

CJLT 168×168.png

日本語教育協議会
日英の教育と文化に関する研究協議会

言語学・言語教育や国際教育等に関する研究団体・学会の本部です。

Sympo 168×168.png

国際教育講演会
国際教育シンポジウム

国際教育に関する講演会を英国及び日本で開催しています。

Itoprize 168×168.png

国際言語教育賞(伊藤克敏賞)

言語教育の世界で地道に活動し、その実績を挙げている個人・団体を対象としています。

EC 168×168.png

英国の公的試験センター

英国の統一試験であるGCSEやGCE-Aレベルを実施する国の公的試験センターです。

HC 168×168.png

英国留学サポートセンター

大学、小・中・高校、専門学校、語学学校等への留学をサポートします。

pubrish 168×168.png

出版局

「日本語を歩く」やセミナー情報を配信

LINE_OA_logo1_green.png

友だち追加
S.png
https://lin.ee/25wiGAO

在学生・卒業生の皆様へのお知らせ

在学生・卒業生の皆様への各種お知らせです。こちらをご確認ください。

連載コラム

図師照幸の日本語を歩く264

不測の事態

心優しい二人である。下やんは豪雨で大きな被害に遭った九州の人たちのことがずっと気になっている。下やんの故郷、大牟田(おおむた。福岡県)も毎日のようにテレビで報道された。ボランティアとして福岡まで飛ぼうかと考えたが、万一コロナまで運ぶことになってはいけないと考え直した。Nくんは猛暑の先に控えている台風が心配だ。美しいと自他ともに認める奥さんとその奥さんに似て可愛い息子を守らねばと目を充血させている。それにしても、と二人とも思うのだ。コロナがなければ今頃、東京ではオリンピックやパラリンピックが行われていたのじゃないかと。本当にできたのだろうか。首相はその際、メディアに現れるのだろうか。今はさっぱりで、記者から「逃げるのか」ということばを投げつけられる事態である。ところでこの二人、「不測の事態に備えなければ」ということばが最近、口癖となっている。「不測の事態に備えて、缶ビールを買いだめしておかなければ」「不測の事態に備えて、スルメを買っておこう」などと。この心優しくたくましい二人には、不測の事態だって軽く乗り越えることのできる常人にはない力が感じられるのである。*不測の事態に備える=これは論理的におかしい。「不測」とは「思いがけないこと。はかり知ることができないこと。よそくできないこと」(日本国語大辞典)という意味であるから、「備える」ことはできないのだ。だから「考えられる限りの予想を立てて、その非常時に備える」というのが正しいのである。が、しかし、「不測の事態に備える」というこの言い方には、まじめさや、健気さや、そういったものが感じられるのでもある。(2020.08.11)


バックナンバーはこちら