活 動 一 覧

LCE 168×168.png

London College of Education, Graduate School(LCE-GS)

日本語教師養成課程・児童英語教師養成課程を開講しています。

LLC 168×168.png

London Language Centre

英国政府国際文化交流機関The British Council認定の英語講座、外国語としての日本語講座を開講しています。

Bokokugo 168×168.png

こどもの未来研究室

教育の原点ともいうべき子どもたちの教育について研究や実践活動を行っています。

CJLT 168×168.png

日本語教育協議会
日英の教育と文化に関する研究協議会

言語学・言語教育や国際教育等に関する研究団体・学会の本部です。

Sympo 168×168.png

国際教育講演会
国際教育シンポジウム

国際教育に関する講演会を英国及び日本で開催しています。

Itoprize 168×168.png

国際言語教育賞(伊藤克敏賞)

言語教育の世界で地道に活動し、その実績を挙げている個人・団体を対象としています。

EC 168×168.png

英国の公的試験センター

英国の統一試験であるGCSEやGCE-Aレベルを実施する国の公的試験センターです。

HC 168×168.png

英国留学サポートセンター

大学、小・中・高校、専門学校、語学学校等への留学をサポートします。

pubrish 168×168.png

出版局

注 目 イ ベ ン ト

2020.11.2
日本語教師養成課程 講座説明
公開講義・ことばのセミナー「教えるための言語分析の視点」
11月23日(月)・12月9日(水)
2020.8.20
表面張力 ― ことばと教育から現代社会を考える
第3回 8月15日(土) 対談 教育の現在
ゲスト:浪本勝年立正大学名誉教授/日本教育政策学会元会長 x ホスト:図師照幸英国国際教育研究所所長
Youtubeでご覧いただけます。
2020.4.20
表面張力 ― ことばと教育から現代社会を考える
第2回 4月17日(金) 対談 小学校英語教育と言語習得
ゲスト:若林茂則中央大学教授 x ホスト:図師照幸英国国際教育研究所所長
Youtubeでご覧いただけます。
2020.4.10
表面張力 ― ことばと教育から現代社会を考える
(ロンドンと世界をつなぐオンライン・フォーラム)
第1回 4月7日(火) 対談 コロナウイルスと教育①
ゲスト:若林茂則中央大学教授 x ホスト:図師照幸英国国際教育研究所所長
Youtubeでご覧いただけます。

N e w s & I n f o r m a t i o n

2020.11.2
オンライン英語講座を開講します。途中からの受講も可能です。

2021年1月22日~3月26日(10回)

金/09:00~12:15

2021年1月14日~4月1日(12回)

木/09:00~12:15

2020.11.2
オンライン授業実施中 英国内外からの受講が可能です。

Diploma課程 2021年1月26日開講

Certificate課程週二回コース 2021年1月18日開講

Certificate課程夜間コース 2021年1月13日開講

Certificate課程土曜コース 2021年1月16日開講

Certificate課程週二回コース 2021年1月13日開講

外国人のための日本語講座(Japanese as a Foreign Language Course)
各種プライベートおよびグループレッスン(英語、日本語、大人、子ども対象などご希望に応じます)
2020.8.3
日本語教師養成課程 個別説明・相談会
Zoomを利用して行います。約1時間です。ご希望の日時をお知らせください。
2020.7.6
既に日本で児童英語教育に携わっている先生方を対象とした夏期集中セミナー「国際コミュニケーション能力開発法セミナー・児童英語教育STEC-pro」を開講
2021年8月2日(月)~6日(金)
2020.4.3
英国国際教育研究所は創立30周年を迎えました。
世界が大きく変わろうとしている今、わたしたちは教育の可能性を信じて、ささやかながら、確かな歩みを続けます。
2020.4.3
濫觴196号を発行しました。
2019.12.24
あたたかいクリスマスとすばらしい新年をお迎えください。
英国国際教育研究所 所長 図師照


「日本語を歩く」やセミナー情報を配信

LINE_OA_logo1_green.png

友だち追加
S.png
https://lin.ee/25wiGAO

在学生・卒業生の皆様へのお知らせ

在学生・卒業生の皆様への各種お知らせです。こちらをご確認ください。

連載コラム

図師照幸の日本語を歩く279
小人数

都知事がコロナ対策として5つだったか、6つだったか〈小〉を守ろうと呼び掛けたそうだ。日本一の保育園「ともそだち」の園長先生である大くんがぶぜんとした顔でやってきた。お土産は焼き芋である。「芋を食うとさあ、なんというか、小生の内臓が反応してさ、ほら、ね」「やめてくださいよ、下川さん」「お前だって、やってるじゃないか」「Nくんのもくさいなあ」 オフィス中が毒ガス状態である。「なんですか、あの<小>を守ろうとかいう呼び掛けは」 大くんが口火を切る。ガスに火がつきそうで怖い。「都知事とか首相とかいうのは、言葉遊びが仕事なのかねえ」「ほんとですよね、なんか国民や都民がバカにされているような、いやな感じですよねえ」「しかも呼びかけだけやっていて、政策なんてものはこれっぽっちもやってくれないんだよなあ」「今の首相は記者会見、全くやってないだろ」「原稿を読むだけで、記者の質問には答えないんですよねえ」「で、あの都知事の〈小人数〉なんですが、あれは〈コニンズウ〉なんですか、〈ショウニンズウ〉なんですか」「先週の話では、大小の関係で<最小限>が正しいということだったんだから、〈少人数〉ではなくて〈小人数〉がいいんだろうなあ」「いや、〈多人数〉に対しては〈少人数〉でもいいわけでしょう?」「そうだよ、今言っているのは〈大人数〉に対する〈小人数〉の〈小〉を〈コ〉とよむか、〈ショウ〉と読むかってことでしょ?」 *「小人数」は〈コニンズウ〉あるいは〈コニンズ〉と読み、「少人数」は〈ショウニンズウ〉と読む。(2020.11.22)


バックナンバーはこちら