Q: 取得できる資格は日本でも通用しますか。
外国語としての英語教育においては、その資格としてのTEFL(=Teaching (of) English as a Foreign Language)やTESOL(=Teaching (of) English to Speakers of Other Languages/Teachers of English to Speakers of Other Language)といったCertificateを持った教師が有資格教師(Qualified Teacher)と呼ばれます。
当課程で取得できるPostgraduate Certificate in Teaching English to Young Learnersは、国際的な外国語教員資格として高く認知されている資格で、子どもに英語を教えるプロフェッショナルとしての教授能力・技術力を証明しますので、日本における就職活動に活かしていただけます。
さらに英国政府British Councilが認定する教育機関からのCertificateですので、各地の教育委員会や学校、英会話教室へはその点をアピールすることができます。児童英語教育においては、最も権威ある資格といえます。
イギリスで学び、さらに児童英語教師の資格=Postgraduate Certificateを取得したという点は、日本での就職に際して何よりのPRポイントになるでしょう。



その他、コース内容、出願方法、渡英準備等についてご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。